POSEMANIACS

English


ポーズの定理: 1-3『ポーズの定理』
  1. Articles

    /
  2. ポーズの定理: 1-3『ポーズの定理』

ポーズの定理: 1-3『ポーズの定理』

本記事は書籍『描きたいものを理論でつかむ ポーズの定理』の抜粋記事です。

漫画家の篠房六郎先生が、研究をかさねた美しいポーズの定理について、基本理論を説明するプロローグとチャプター1をご提供いただきました。

今回はチャプター1のセクション3の内容を紹介していきます。


Bパターンの解説

Bパターンの特徴

背骨を前屈させ身体をひねった結果、左右同じ側の肩と腰が上がってバランスが安定した状態

Bパターンの定理

前屈しながら身体をひねった姿勢は、肩と腰の同じ側が上がったときに安定します。

前屈して頭部の位置を前に送った前重心でコケにくく、前方からの衝撃にも耐えられる姿勢なので、ボクシングや剣道など格闘技、武術の構えにも多く使われています。

ただ、長時間この姿勢でいると腰を痛めてしまいます。

また、ゴルフのスイングやフェンシングの突きなど、一見Aパターンのように身体が伸びていても、実はBパターンであることも多いです。

Bパターンの素体作例


以上、『描きたいものを理論でつかむ ポーズの定理』(著:篠房六郎)より、チャプター1のセクション3でした。同書はポーズマニアックス運営チームも、ほぼ全員が購入している本です。

Amazonなどで絶賛発売中です。

描きたいものを理論でつかむ ポーズの定理 by [篠房 六郎]
「描きたいものを理論でつかむ ポーズの定理」by 篠房六郎